令和3年 新年会長挨拶


令和3年 新年会長挨拶

「皆様、新年明けましておめでとうございます。
会長の藤井德政でございます。
今回の、会報発行に際し、特別に寄稿させて頂きました。
ご存知のように『新型コロナウィルス』は益々感染力を増し、終息の予測が立ちません。
2020年1月から現在1年間経っても、衰えるどころか勢いを増しております。
東京及び周辺3県に緊急事態宣言が発出され、大阪周辺、愛知県においても発出される状況です。
そして更に全国的な規模に広がっております。これは我々がかつて経験したことのない、まさに国難であります。
政府はウィルスの終息と経済の下支えを図るためGOTOキャンペーン等の施策を展開しておりますが、一部を除いて、特別大きな成果はなく現状においてもジレンマは続いております。
伊東ライオンズクラブは12月・1月と例会、予定していたアクティビティ等が全て中止とせざるを得ない状況になってしまいました。
今後につきましても、具体的なクラブ運営の道筋は立っておりませんが、何としても、この国難を乗り越えなくてはなりません。
そのためには、メンバーお一人お一人の健康が先ずは第一であります。
どうか皆様、基本的な感染予防をしっかり実行して頂きたいと存じます。
そして、楽しく充実したライオンズライフを1日も早く復活させましょう。」

11月20日(金) 盲導犬学校訪問


盲導犬学校訪問
2020年11月20日(金)

本年度は新型コロナウィルスの影響で授業時間の調整が難しくなっており、小学校への訪問が滞っていましたが11月20日(金)に伊東高校城ケ崎分校の3年生へ、盲導犬のデモンストレーションを実施した。
富士宮の日本盲導犬協会からは村野巧実さんと視覚障がい者の押野まゆさんとその盲導犬が来校され、視覚障がい者や盲導犬への対応の仕方などを実演を踏まえてご教授いただきました。
報道等では電車のホームから転落する事故などを聞きますが、これを機会に勇気をもって事故にあわないように是非一声かけていただきたいと思います。

11月17日(火) 秋の集い例会


秋の集い例会
令和2年11月17日(火)

今年度に入って最初の夜例会が、L原が代表を務めるサザンクロスで開催された。
冒頭、第1416回秋の集い例会の挨拶を藤井会長が行い新型ウィルスの影響で夜例会が開けなかったことや新型ウィルスを老舗の会社名であることからコロナと呼ばない事などを話された。
例会に続き懇親会を石田允彦ZCの乾杯で開始し和やかに歓談した。
定刻20時には第1副会長のL井戸の締めの挨拶に続き、歌「また逢う日まで」で会をしめた。

11月14日(土) 第42回伊東ライオンズクラブ学童野球大会新人戦


令和2年11月14日(土)

秋晴れに恵まれて、第42回伊東ライオンズクラブ学童野球大会新人戦の準決勝第1試合は09:26に試合が開始されました。初回富士見ファイターズが5点を入れ一方的な試合になると思いきや、富戸ジュニアのコツコツとした反撃により結晶進出は富戸ジュニアに決まりました。

その後の第2試合は大池ジュニアと八幡野イーグルスの戦いとなり、両者きびきびとしたプレーで守備もよく好試合となった。
しかしながら前年優勝の八幡野イーグルスの力量が勝り決勝進出となりました。

決勝は13:50より富戸ジュニアと八幡野イーグルスの試合が開始されました。
富戸ジュニアは1年生を含む9名の選手で臨み、精いっぱいの元気あふれるプレーを展開しましたが力ここに及ばず、実力に勝る八幡野イーグルスのゴールドゲームにて勝利となりました。両者の健闘を讃えたいと思います。

結果
準決勝 第1試合
冨士見ファイターズ  8
富戸ジュニア     14

第2試合
八幡野イーグルス   9
大池ジュニア     1

決勝
八幡野イーグルス   16
富戸ジュニア     0


表彰式
優勝の八幡野イーグルスには優勝の表彰状と優勝旗 選手各人に優勝メダルを授与しました。
準優勝の富戸ジュニアには準優勝の表彰状と各選手に準優勝メダルを授与しました。




準優勝 富戸ジュニア



優勝 八幡野イーグルス

11月10日(火) 11月第1415回通常例会


11月第1415回通常例会
2020年11月10日

新型コロナウィルスの影響により三密を避けるため例会時間を変更し、食事11時30分~12時30分・例会12時30分~13時30分までと変更した例会も今回が2度目となり31名の出席の中、会長藤井德政の開会ゴング点鐘によりスタートした。

冒頭、L堀井賢一(25年) L北村敬一(20年) L土屋聡(15年) L井戸清司(15年)にマイルストーン・シェブロン・アワードを贈呈した。
都合によりL白鳥錠次(35年)とL関野猛(35年)は欠席し、後日贈呈とした。

11月の誕生日祝いはL石田允彦・L芥川暁美・L近田毅・L山本雅昭・L関野猛(欠席)に高級ワインを贈呈した。

11月の第1例会は伊東警察署 生活安全課長:宮田頌平様により振込詐欺対策と防犯対策について卓話をいただいた。
振込詐欺は静岡県で10月末現在280件・被害総額5億2514万円にのぼり被害者は年配者に多く、伊東市内では7件・904万円の被害になっていること。また近年はキャッシュカードを持ち去る手口が多くなりアポ電強盗なども頻発しているので、電話機を振込詐欺対策を講じたものに変えると被害が軽減されているので是非検討してくださいとのこと。また防犯対策では10月末で217件の被害があり減少傾向にはあるものの、施錠の重要性や目・音・光を使った防犯が有効であることの指導をいただいた。

11月8日(日) 第42回伊東ライオンズクラブ学童野球大会新人戦


令和2年 第42回伊東ライオンズクラブ学童野球大会新人戦

と き  令和2年11月8日(日) 開会式 午前08時45分
ところ  伊東市かどの球場

速 報
昨日の雨がうそのような秋晴れの日曜日、伊東ライオンズクラブ主催の第42回学童野球大会新人戦の予選3試合が行われました。
開会式ではYCE教育委員長の山本雅昭の開会宣言に始まり、会長藤井德政が主催者を代表し新型コロナウィルスで社会が疲弊し、他の大会も中止になっている中開催にこぎつけた経緯と関係者各位への努力に対するお礼の言葉があり、選手各位の健闘をお願いした。
選手宣誓は前年度優勝の八幡野イーグルスの主将肥田歩輝君が新型コロナの中大会が開催されたお礼と力いっぱいのプレーを約束すると宣誓をし、開会式を終えた。

第1試合の富戸ジュニアと伊東ジュニアの試合に先立ち、会長藤井德政の始球式が行われた。

第1試合 結果
伊東ジュニア  9
富戸ジュニア 10

第2試合
宇佐美少年野球団  5
大池ジュニア    17

第3試合
冨士見ファイターズ  15
南伊東ベアーズ    10

10月20日(火) 第1414回 早朝例会


第1414回 早朝例会
2020年10月20日
場所:サザンクロス

昨夜までの雨が上がり絶好のゴルフ日和になり、朝8時よりサザンクロスさんで早朝例会が開催された。
開会宣言、ゴング点鐘に続き会長挨拶があり久しぶりに晴れた中、朝の庭を見るとイノシシに荒らされたような形跡があり対策を取るため皆さんのご意見を伺いたいとのこと。
このところ報道で静岡市内で鹿が街なかに出没し駆除されたり、石川県ではクマの被害で8人がケガをし、昨日はマーケットに浸入し駆除されるなど社会問題となっています。
伊豆地区ではブナ枯れでクヌギの木などが立ち枯れているのを見かけますが、森に食料がなくなりイノシシやシカが里に下りてきて被害が出ています。ハイキングなど気を付けたいものです。
例会終了後、朝食をいただき散会となりました。
本日ゴルフをされる方々は、9時6分にスタートして行きました。ケガに気をつけ秋の一日を楽しんでください。

10月6日(火)第1413回 ZC訪問例会


第1413回 ZC訪問例会
2020年10月 6日(火)

久しぶりに晴天に恵まれた秋晴れの中、我が伊東クラブより選出しているZC:石田允彦とLCIF・GST委員:高羽英治郎の両氏が第1413回・10月第1例会を訪問し、12:00から12:30まで三役と懇談し例会に臨んだ。
会長の開会宣言の後、両氏への伊東訪問に対するお礼とあいさつに続き、ZC:石田允彦からは、ガバナー訪問例会へのお礼と世界中で会員の減少が続き会員維持や会員増強の必要性の話があり、LCIF・GST委員:高羽英治郎からはLCIF100ドル基金へお願いとLCIF1000ドル基金へL芥川が伊東で4人目の寄付をいただいたお礼があった。


2020年7月豪雨災害復興支援金寄付

2020年7月豪雨災害復興支援金寄付に際して、九州出身のL宮川正生・L中俣武行・L岡信行から災害に対する支援の呼びかけがあり、当日出席の会員より1000円寄付いただくとともに、不足分を伊東ライオンズクラブより補填し50,000円をキャビネットに送金した。


メンバー卓話  L宮川正生
7月より体調不良により例会を休んでおられたL宮川正生がメンバー卓話に立ち、薬物乱用防止委員として、平成19年厚生大臣表彰をいただくまでのお話をされた。
自身は平成元年3月に入会し、前薬局の先輩の公認ということで早くから薬物乱用防止委員となり、伊東市内だけでなく日大などで講演をするなど活躍され、多くの表彰をいただき今日まで頑張ってきました。


誕生日祝い  L北村敬一
10月の誕生日はL北村敬一が65才の誕生日を迎えます。

9月15日(火) ガバナー公式訪問合同例会


ライオンズクラブ国際協会
334-C地区 4R・1Z
2020~2021年度 ガバナー公式訪問合同例会

日時      2020年9月15日(火) 13:00~14:15
会場      伊東ホテルジュラク
ホストクラブ   伊東ライオンズクラブ

地区ガバナー L.久保田紀之(富士中央ライオンズクラブ)

キャビネット幹事 L服部一二三
キャビネット会計 L関 正和
名誉顧問元地区ガバナー L坂倉三吉
4R1ZC L石田允彦
LCIF・GST委員 L高羽英治郎
YCE委員 L瀧 正雄

合同例会は定刻13時より伊東ライオンズクラブ直前会長L土屋聡の先導のもと地区ガバナー:L久保田紀之 キャビネット幹事:L服部一二三 キャビネット会計:L関正和 4R1ZC:L石田允彦 LCIF・GST委員:L高羽英治郎 YCE委員:L瀧正雄 の順で入場し着席された。
続いて伊東ライオンズクラブ会長L藤井德政の開会宣言・開会ゴング点鐘に続き、国歌並びにライオンズヒム斉唱により例会が始まった。
下田ライオンズクラブ会長L橋本智洋による地区ガバナー並びに地区役員の紹介があり、東伊豆ライオンズクラブ会長L加藤政司が参加6クラブの紹介を行った。
地区ガバナーL久保田紀之の紹介をキャビネット幹事L関正和がライオン歴や学歴・職歴に至る詳細を披露するとともに、27才の若くして単身木材の買い付けにアフリカに出張し、その時の経験が人生の根幹となっていることなどを述べた。4R1ZCのL石田允彦の歓迎のあいさつに続き地区ガバナーL久保田紀之が挨拶された。
冒頭会長交代において新型コロナウィルスの影響で地区年次大会での実施が出来ず、国際協会の規約に則って会長に就任されたこと。
LCIFキャンペーン100はライオンズクラブへ入会した会員の義務であるとの強い意向を示された。
次にアクティビティ・スローガン「“We Serve”の精神で地域に誇れる感動の奉仕を!」について、グローバル化の一方で身近な地域社会に対する活動が疎かになっていないか、活動を漫然と繰り返していないか?真のニーズを的確に把握することに努めようと述べられました。
その後各6クラブの会長が幹事・会計の紹介と今年度の抱負を述べられ、この1年に入会された新会員にL久保田紀之より記念品が贈呈され、西伊豆ライオンズクラブ会長L堤豊のライオンズローアの発声に続き、閉会宣言並びに閉会ゴング点鐘を河津ライオンズクラブ会長L飯田和也が行い例会を終了した。

続いて地区ガバナー並びに地区役員が退場し、14時10分定刻より5分早く終了した。
司会進行を務めた幹事のL齋藤整のほか、合同例会にご協力頂いた皆様にはご苦労様でした。

9月1日(火) 第1411回通常例会


9月1日(火)第1411回通常例会

伊東高校定時制へ助成金の贈呈

9月第1例会において、伊東高校定時制の教頭 小柳出賢治様が出席し助成金助成金50,000円を藤井会長より贈呈しました。
小柳津教頭は新型コロナウィルスの関係で修学旅行の実施を検討していること。
生徒の8割が昼間アルバイトをして、夜勉学をしており自分で学費を稼いで学校に通っている。
コロナの関係で収入も少なく減免制度を利用している。
そんな中で助成金は非常にありがたく、感謝しております。


LCIF1000ドル基金記念品贈呈

LCIFより土屋 聡前会長に1000㌦の寄付に対して記念の盾が贈呈されました。


L石田允彦にMJFピン贈呈

MJF寄付によりL石田允彦にラペルピンが贈られた


60周年CN準備委員会委員長・副委員長の指名

2020年8月4日の歴代会長会議にて60周年CNの準備委員会の
委員長:岡 信行 ・ 副委員長:石井秀英 を選出し
8月25日の理事会にて承認され9月第1例会において紹介した。


L高羽英治郎LCIFセミナー報告

8月25日(火)LCIFセミナーが静岡グランシップで行われ、石田允彦ZC・高羽英治郎・高羽英治郎LCIF委員・藤井德政会長・日吉啓会計が出席した。
まず、高羽委員からは伊東クラブから活動費として贈られた100,000円をLCIFに寄付したことに対するお礼があった。
LCIFの活動については世界の寄付で成り立っていること。
キャンペーン100ではケニヤ・マレーシア・ジャマイカなどに人道支援に充てられており
九州の7月豪雨災害にも贈られた報告がなされた。


L高羽英治郎にLCIFよりラペルピン贈呈

LCIF キャンペーン100への寄付により、ラペルピン贈呈


9月 メンバー卓話 太田和彦

9月のメンバー卓話はキネマ通りに店を構える太田和彦氏が卓話を行った。
卓話は商店街についてとして、すずらん通りはすずらん堂が名前の由来であり湯の花通りは今年役100年になること。
キネマ通りは当時の映画館キネマホールに由来することが説明された。
その後、キネマ通りの歴史に触れ、アーケード建設や改修経緯などをお話しされ、資金の調達に伊東市や県・建設省に陳情した苦労を紹介された。


9月 誕生日祝い

9月誕生日の方は
L原義行
L森田林吾
L高木隆行

以上の3名に藤井会長より誕生日祝いの高級ワインが贈られました。

8月18日(火) 第1410回納涼例会


第1410回納涼例会
令和2年8月18日(火)
場所:ホテルジュラク

L高羽英治郎
LCIFより1,000基金への寄付により盾贈呈


第1410回納涼例会
L青山登美男による卓話

仕事を50年してきて思い出す失敗は修理した直後の試運転で、吉田の直線道路で数回試験走行をしているときに、後ろにパトカーが走っていてスピード違反で捕まったこと。
うちは扱う車も特殊車両が多く生コン車やミキサー車・ポンプ車・ダンプなど多種多様ですが、特に思い出されるのが大室山リフトの改修工事の時、生コンを頂上まで圧送したことが記憶に鮮明に残っています。
これからの車社会は100年に1度の変革の時を迎え、電気自動車、水素自動車と言った環境対策・二酸化炭素抑制するものや自動運転に見られるような安全対策を講じたものに変わっていきます。

8月4日(火) 第1409回決算例会


伊東商工会議所青年部 気鋭の会 訪問

8月4日(火)の第1例会に伊東商工会議所青年部気鋭の会(会長:佐々木伸一 大須賀隆司 鶴田和久)3名が例会を訪問し、「伊東温泉あんしんチャンネル」について身振り手振りを交えて暑く説明する。

1.ポストコロナ時代の誰もが安心して利用できる伊東市内の事業所・店舗を1分間の動画にし、SNSで発信。
2.フェイスブック・インスタグラム・YouTubeで閲覧。


8月4日(火)第1409回決算例会において下記の報告を行う。

2019年7月1日から2020年6月30日までの決算について、貸借対照表及び収支決算書をもとに報告。
監査報告を幹事L原義行より行い、続いて剰余金処分案を報告し、全会一致で承認された。

第58代土屋聡会長最後の仕事となった。


8月誕生日祝い

L杉本一司
L三枝秀子
L高羽英治郎
L金子宰一郎

以上の4名が誕生日を迎えました。

7月28日(日) 第1回理事会の実施


7月 第1回理事会の実施

開催日時・場所 2020年7月28日(日) 19:00~20:30 伊東クラブ事務所

出席者 会長以下理事14名中 出席13名 内リモート出席5名

伊東ライオンズクラブは、新型コロナウィルスの発生を受け、理事会の実施に当たりコロナ感染予防の観点から、リモート(ZOOM)による会議を実施いたしました。

1.事務所での3密を避けるため、リモートでの参加ができる方についてはリモート会議とした。
2.理事全14名中、リモート出席5名。
3.その他 リモート会議のため会員委員長L北村敬一にお願いした。

例会についてもホテルの大会場を準備し3密を避けて実施しております。

7月8日(水) 記者懇談会


7月8日(水)記者懇談会

伊東ライオンズクラブ藤井德政会長は7月8日、地元有力マスコミ3社の出席を仰ぎ
記者の皆様と、本年の会長スローガン・所信を説明し協力をもとめた。
新型コロナウィルスの影響で伊東の経済活動も停滞気味であるが、青少年健全育成や
盲導犬学校訪問などの行事を確実に行っていくという強い意思表示を行った。

一方、静岡朝日テレビの武智幹夫様からは、新型コロナウィルスの影響で、
日本盲導犬協会への寄付が集まらず非常に苦戦しているとの情報と、北里柴三郎博士が
伊東に別荘を建て(後に野間自由幼稚園)また、通学橋を自費で建設するなどの功績に
対し記念碑を建てる計画があるので協力をお願いしたいとのお話を頂いた。

7月7日(火) 田中実 伊豆新聞本社社長 表敬訪問


7月7日(火)田中 実 伊豆新聞本社社長 表敬訪問

藤井德政会長・齋藤整幹事・日吉啓会計は役員就任にあたり 田中 実 伊豆新聞本社社長を表敬訪問した。

7月7日(火) 今福剛久 伊東警察署長 表敬訪問


7月7日(火)今福剛久 伊東警察署長 表敬訪問

藤井德政会長・齋藤整幹事・日吉啓会計は役員就任にあたり 今福剛久 伊東警察署長を表敬訪問した。

7月7日(火) 高橋雄幸 伊東市教育長 表敬訪問


7月7日(火)高橋雄幸 伊東市教育長 表敬訪問

藤井德政会長・齋藤整幹事・日吉啓会計は役員就任にあたり 高橋雄幸 伊東市教育長を表敬訪問した。

7月7日(火) 小野達也 伊東市長 表敬訪問


7月7日(火)小野達也 伊東市長 表敬訪問

藤井德政会長・齋藤整幹事・日吉啓会計の三役は役員就任にあたり 小野達也 伊東市長を表敬訪問し、今年度の会長所信及び事業の概要を説明し協力を求めた。
小野達也伊東市長からも、善行賞に対する3密回避の観点から協力をするとの力強いお言葉を頂いた。

7月7日(火) 7月第1例会


7月7日(火)7月第1例会

2020~2021年 伊東ライオンズクラブ会長交代

伊東ライオンズクラブは第58代会長L土屋 聡から、第59代会長のL藤井德政へ歴代会長バッチの引継ぎを行い会長の交代が完了した。
会長バッチの表にはPRESIDENTの文字が記載されており、伊東ライオンズクラブの最高責任者として、1年間の奉仕活動のスタートを切った。


40年以上代々会長に引き継がれている会長バッチ。


2019~2020年 伊東ライオンズクラブ 第58代会長に感謝状贈呈

令和2年7月7日、2020~2021年 伊東ライオンズクラブ7月の第1例会において、L藤井德政会長より、L土屋聡前会長に対して感謝状を贈呈した。
昨年7月より事業を開始し、学童野球の開催、盲導犬学校訪問、善行賞と順調に事業執行して献眼碑清掃を実施以降、新型コロナウィルスの影響で3月第2例会より例会も中止になるなど、厳しい例会運営を強いられましたが、334-C地区の地区年次表彰:青少年健全育成賞・愛と光の奉仕賞を受賞するなど輝かしい業績を残しました。


2020~2021年 伊東ライオンズクラブ 第59代会長 藤井德政 「所信表明」

第59代藤井德政会長は、7月7日の第1例会において(CLUB SLOGAN)を発表した。
『伝統と地域貢献の継承、「思いやり」の心で、

会長所信
令和2年伊東ライオンズクラブの会長に就任するにあたり一言ご挨拶申し上げます。
本年は昨年末より中国武漢から、感染が見られた新型コロナウィルスが3か月で全世界に広がり大きな渦となっております。まさにグローバル化が感染症においてもなされていることを証明しております。
また、グローバル化はウィルスにとどまらず経済面までも侵食し、全世界規模の経済活動に悪影響を及ぼす結果となっております。
当クラブの母体であるライオンズクラブ国際協会は、国際奉仕の推進を図り構成員たる各ライオンズメンバーの活動が、社会奉仕の形で具現化し長い歴史を重ねてまいりました。今まさに、グローバル社会での社会奉仕の重要性が増してきております。
そのキーワードが「思いやり」だと考えます。「思いやり」のある人々が力を合わせ、自ら汗を流して地域社会の改善に取り組むのは素晴らしい事です。参加している一人一人が例えようもない程の充実感を味わいます。それがライオンズクラブです。ライオンになる事とは自らが模範となり、関係を築き「思いやり」によって世界を良くすることを意味します。
約140万人のメンバーが共に奉仕することで、永続的なグローバルインパクトを生み、より多くの人々の暮らしを変えることができると考えます。
これから1年、皆様のご指導ご協力を賜ります様、お願い申し上げます。


100周年記念会員増強賞

100周年期間中に新会員をスポンサーした会員には、100周年記念スポンサーとして、限定版のピンが贈られました。

・スポンサーしたライオン、または結成に貢献した新クラブが正会員/正クラブとして1年と1日活動を続けた場合には、シルバー100周年記念アワードが贈られます。

・スポンサーしたライオン、または結成に貢献した新クラブが正会員/正クラブとして2年と1日活動を続けた場合には、ゴールド100周年記念アワードが贈られます。
L原 義行  受賞 L金子宰一朗 スポンサー H30.2.6入会

・スポンサーしたライオン、または結成に貢献した新クラブが正会員/正クラブとして3年と1日活動を続けた場合には、ダイヤモンド100周年記念アワードが贈られます。
L三枝秀子  受賞 L黒後眞理 スポンサー H28.11.1入会


7月 誕生日祝い

7月生まれのL高橋信博・L堀井賢一・L佐野貞夫・L林郁太郎に誕生日祝い品(高級ワイン)を贈呈。

新旧合同理事会開催


6月23日(火)14:00より伊東ホテルジュラクにおいて、7月1日から始まる新事業年度(2020~2021年度)スタートにあたり、現理事会と新理事会との新旧合同理事会を実施した。

今年度の土屋聡会長の報告があり、新型コロナウィルスの影響により、4月の地区年次大会の中止や5回の例会中止など事業の縮小を強いられるなど難しい対応になったことなどの報告がなされた。

次年度は藤井德政次年度会長のスローガン・所信の承認を受け、事業案・予算案も慎重審議の上、無事に承認され7月の事業開始を迎えた。